第九回長崎舞踊協会公演「FACE」完!!


本日無事第九回長崎舞踊協会公演「FACE」
終了いたしました!!

出演者のみなさん、保護者の皆さま、お客様、
各スタジオの先生方、関係者の皆さま、
そして全てのスタッフの方々に心より御礼申し上げます


今回「FACE」という公演タイトル
我々は「ドッペルゲンガー」をモチーフに作品を作りました

1曲ずつ単体である既存の振りの中に
軸をつくり、「ドッペルゲンガー」
という作品を組み立てていきました


"自分で自分を見る"
とか
"自分と向き合う"
がテーマです


ドッペルゲンガーとは自分の幻想を自分で見る事
そのモチーフに"自分と向き合う"というテーマを重ねてつくりました



今回その「軸」の役を頑張って演じてくれた
メンズ3人集!!!

この3人を軸に作品は展開していきました
次世代のダンマスBoysの誕生だったな、とシミジミ。。。


練習、リハ、とこの3人を見てきましたが
本番が本当にイッチバンよかった!!!!!!
袖から見ていて、やる気の入った踊りに感動しました。
これからの成長がより楽しみになったメンズ3人です


今回出演したKidsクラスのBoysたち
Jazzダンスを学ぶ男の子は地方では特にまだまだ少ないです
その中で頑張っている彼ら
舞台メイクも当たり前にします(してもらいます。w)
なのでメイクテーマは「ジャニーズ(舞台のね)!!」
Shockの堂本光一くん風にキリッと仕上げました
踊りもあんな風にキリッと成長しますように…★笑



そして、各クラスの子供達も本番一番よかった!!!!!!
リハの時に散々できなかった立ち位置も
本番はちゃんとできてた!!!!えらい!!!

踊りを見てもらうだけなら気にしなくていいことですが、
舞台で踊るという事は照明があってやっと作品が出来上がるのです
だからきちんと照明さんが作ってくださる光の中に入る!!
そしてその光の中で存分に踊る!!
そんな楽しみを理解して、本番を全うしてくれた
子供達が今回沢山いました

こうして一つ一つ課題をクリアして成長していく姿は
毎度感動ものです





楽屋での長い待ち時間はDVD見たり


折り紙で黙々と遊んでくれて皆お利口!!













来月の発表会へ向け士気の上がる公演となり
よかったです◎


作品を作るということに関しても
「今回はこんなテーマで、こんなモチーフで、こうやってつくります」
と概要を説明すると、目をキラキラさせて
「おもしろーい」「こわーい」などと各々感想を漏らしながら
楽しんで各シーンやダンスを練習してくれていたのも
印象深く、今回子供達だけでこの作品を作ることができてよかったと
思いました


ただダンスを踊る事、の先にあるみんなで一つの作品を作り上げる
という楽しみや面白さをこれからも子供達に伝え、共有していけるように
精進してまいります



さっ!!もう来月はとうとう発表会本番です!!
一気に切り替えて発表会モードへ突入いたします★



Dance Masters

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿